船橋市|JR船橋駅・京成船橋駅すぐ|北林医院(眼科)

船橋市 北林医院(眼科) JR船橋駅南口 船橋フェイス3階 
 <受付時間>10:30〜12:30・14:30〜18:30 
 ※日祝は17:00まで 休診日/無休(年末年始を除く) 
 TEL:047-424-0286
船橋市 北林医院(眼科)|HOME
院長ご挨拶
院内のご案内
目の病気について
目の病気Q&A
サイトマップ

HOME > 院内のご案内
院内紹介
受付・待合室
受付待合室

受付はオープンカウンターを採用しています。
待合室は患者様がゆったりと待ち合い時間を過ごせるように座席を配置しています。
また、院内はバリアフリーですので、車椅子の方やご年配の方でも安心してご来院いただけます。

診察室
診療室1 診療室2

患者様にもご自身の眼の状態をモニターで説明しながら診療を行えます。

検査室
検査室

明るい雰囲気の検眼室では通常の
検眼、コンタクトレンズ、眼鏡の処方用の機械をそろえております。

検査機器
自動視野計 レーザー装置
自動視野計

緑内障などの検査機器として、短時間で正確な検査が可能な最新の自動視野計を設置しております。

眼底レーザー

さまざまな眼底疾患(糖尿病性網膜症、網膜静脈閉塞症、網膜裂孔など)に対する網膜光凝固や、緑内障に対するレーザー虹彩切開術などが可能です。

スペキュラマイクロスコープ 角膜形状解析装置
スペキュラマイクロスコープ

角膜の内皮細胞の数や形状を測定します。白内障手術の術前・術後の検査などに用います。

トポグラフィー

円錐角膜などの角膜変性症の早期発見や、ハードコンタクトレンズを処方する際に使用します。

非接触眼圧計 オートレフケラトメーター
眼圧計

緑内障や高眼圧症などのスクリーニングに使用します。非接触型ですので、痛みなく安全に眼圧が測定可能です。

オートレフケラトメーター

お顔をのせて中を覗くだけで、近視や乱視の量が測定できます。また、角膜の曲率半径などの測定も同時に行えます。

ハンフリーFDTスクリーナー 無散瞳眼底カメラ
ハンフリーFDTスクリーナー

簡便な視野検査に用います。より手軽にスピーディーに視野障害のスクリーニングを行うことができます。

無散瞳カメラ

緑内障や、糖尿病性網膜症、視神経障害が疑われる際に使用します。
点眼薬を用いず無散瞳状態で撮影が可能なため、より手軽に検査が行えるようになりました。
写真で分かりやすく患者様にご説明いたします。

モニター付スリット OCTスキャナー
モニター付スリット

暗室にて眼に細い光束をあて、眼球の表面や内部を観察します。
モニター画面にて患者様にもご自身の眼で病態を確認いただきながらわかりやすくご説明いたします。

OCTスキャナー

高画質・高解像度の断層画像が得られ、また3D構築できるカラーセグメンテションマップを有しており、ミクロン単位の超微細な変化を診断することが容易になり、治療効果の判定も確実に行うことが可能です。

超広角走査レーザー検眼鏡
超広角走査レーザー検眼鏡

optosを28年6月1日より導入しました。
眼底の80%以上を無散瞳、非接触で撮影でき、網膜の病変を0.4秒で測定できます。また、加齢黄斑変性の原因となるリポフスチンの蓄積されている様子を画像としてとらえる自発蛍光画像も測定できます。

医療法人社団 聖鳥会
北林医院
JR船橋駅南口 船橋フェイス 3F
TEL:047-424-0286